コンパクトなトップでミート率アップ!

こんにちは〜、雪Pです^^

スイング動画を見てショック!えっ、こんなスイングしているの私…もうちょっとカッコよく振っているつもりなのに…。と思ったことはありませんか?
そんな方はオーバースイングになっていることが多いようです。

オーバースイングとは?

トップオブスイング=スイングの最頂点(略してトップと呼んでいます)が頭上よりも高い位置になりクラブヘッドが水平面よりも下がったり体から遠い位置へいってしまうスイング状態を言います。

こんな感じです

こんな時はフライングエルボーにっていることも多いようです。

フライングエルボーとは?

ゴルフ用語ではトップオブスイングで肘が浮いてしまうことを言います。

このような状態です。

右肘が空を向いて飛んでいますね。

理想的な肘はこんな感じです

右肘のポジションは地面を指しています。

右肘が地面を指していると、ダウンスイングでそのまま自然に体の近くにグリップ部分が下りてきやすくなるので、クラブヘッドがインサイドから入り軌道が安定します。
対して、フライングエルボーのトップでそのままダウンスイングするとアウトサイドインの軌道になりやすく、これを防ごうとまた肘を強引に体側に入れて降ろそうとして不自然な動き(二段モーション)になりミート率も落ちてしまいます。

そこでフライングエルボーとオーバースイングを修正しトップをコンパクトにするドリルを二つご紹介しますね。

 

フライングエルボー修正ドリル

 

アドレスしたら左手の甲を右肘に当てます

そのままテークバック

左手甲でおさえていた右肘をたたみトップ

腕と一緒に上半身も右へ回転させましょう!

上手くおこなうポイントは、右腕で左手甲を押さないように右肘を柔らかくたたむことです。
右肩甲骨を寄せるような感覚があるといいですね。グリップを強く握りしめるとスムーズにこれができなくなりますので要注意です。

お次はクラブを持ってトップをコンパクトにするドリルです。

2wayバックドリル

いつものようにアドレス

前傾したままヒンジング(右肘を90度くらいたたむ)とコッキング(手首を縦に動かす)をします。

その形をキープしたまま上半身を右へ回転、トップ完了です!

そこからフィニッシュまでいつも通りに振りきります。

後方からだとこんな感じです。

腕をリラックスさせてスイングするのがポイントです。
最初は素振りから、慣れるとボールを打つこともできますよ。

まとめ

トップがコンパクトになると単純にヘッドがボールに近い位置に収まりますから、インパクトでアドレス位置にヘッドが戻りやすくなります。構えた位置にヘッドが戻ったインパクトになると狙ったところにボールは飛びやすくなるのです。
ミート率(クラブヘッドの芯にボールの芯が当たる確率)が上がり、大きなミスショットも少なくなりますよ。

トップの位置が気になっている方は、ぜひ試してみてくださいね。

お読みいただき、ありがとうございました(*^o^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。