自分に合うウェッジを見つけてスキルアップ

こんにちは、Yukipです😊先日、GENーTENコースレッスンでウェッジのヒントレッスンを行いました。開催コースはレイクグリーンゴルフ倶楽部。絶好のゴルフ日和に恵まれてラッキーです🤞

今回のテーマは「自分に合うウェッジを見つけよう!」

ご参加のみなさんに、タイトリスト、キャロウェイ、テーラメイド、キャスコ、フォーティーン各メーカーの人気ウェッジを生芝から打ち比べしていただきました。

まずは「ウェッジは他のアイアンと何が違うのか?ウェッジ選びのポイントは?」を説明して、グリーン周りの近いアプローチから試打開始!

お次はバンカーショット、20y~70yまでのコントロールショットもコース内でウェッジを取っ替え引っ換えして打ってみました。

みなさん、自分が今使っているウェッジと打ち比べて「なんか感触がいい」「打感が違う」「ボールが止まる」などなど感想がいっぱい。あまりクラブに関心がなかった女性にも違いを感じることが出来たようでした。何しろ芝からの試打は楽しそう〜

私も少しだけですが打ってみた感想も簡単にレポートしますね。

☆キャロウェイ JAWS MD5クロム

ヘッド裏側のブルーの紋様が今までになくカッコいい。スピンがかかり易くフェイス面の溝形状に秘密があるらしい。顔がシャープで小ぶりだけど見た目ほど難しくない。

☆タイトリスト ボーケイSM8 Fグラインド

クロメッキが渋くてカッコイイ。ツアー使用率No.1のウェッジは打感も重厚感がありボールも止まる。ソール形状が6種類も用意されているそうです。

☆フォーティーン DJ-4

試打した56°はソールが厚くてボールを上げやすい。ダフっても滑る。スピンが売りのフォーティーンに易しさをアップさせた感じでした。

☆キャスコ ドルフィンウェッジ DW-118&DW-120

最近特に売れてる人気のウェッジ。イルカちゃんの絵が可愛いい。ソールの削りで抜けを良くしていてアベレージゴルファーには易しいと思う。フェイスはグース(クラブヘッドの先端がシャフトより後ろにある)形状で2種類ラインナップされている。

☆テーラーメイド ミルドグラインド2 クローム

フェイス面に特殊加工が施されており打感がソフトでスピンが入りやすく止まる。私はテーラーメイドさんにお世話になっていたので前モデルのミルドグラインドを使っていますが、かなり初代と違う感触でした。

ご参加のみなさんからは「自分のセットに入っているウェッジよりもいいのはわかったけど。。。どれが一番いいのか迷います・・・」

ですよね〜。ウェッジ初心者の方はもう少し経験と知識を積み重ねることで徐々に自分にマッチするクラブが解ってくると思います。ぜひ、いろいろ試してみて自分に合うクラブ、好きなクラブを見つけてみてください。

「クラブは友達!」

気の合うクラブがみなさんの強い味方になりスキルアップのお手伝いもしてくれるでしょう。

次回はウェッジについて、自分に合うウェッジを見つけるポイントを掘り下げてお話しますね😁

自分に合うウェッジを見つけてスキルアップ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です