ゴルフ バンカーショットを得意にする〜ダウンスイング方法!

こんにちは〜、Yukipです(^^)

前回お話したバンカーからキレイに脱出する!バックスイング方法はご覧いただけたでしょうか?

今回はその続きのダウンスイングについてお伝えします。

カードバンカーからボールをキレイに脱出させるためにはエクスプロージョンショットと呼ばれるショットが必要になります。

エクスプロージョンショットとは?

エクスプロージョンとは爆発と言う意味で、ゴルフにおいてはバンカーの砂を爆発させながらボールと一緒に打つショットを指します。簡単に言ってしまうとダフって打っていいショットです。前々回セットアップ編でお話したようにバウンスを有効に使うと良いでしょう。ゴルフショットの中でも特殊な感覚で上手く砂を爆発できた時の音や打感は爽快で私はエクスプロージョンショットが好きなのです。

いくらダフらせてもいいと言っても、バンカーからキレイにボールを脱出させるためには砂の質や状態にもよりますがおおよそボールの手前3cm前後です。バンカーが上手く脱出できなくなり苦手意識の強いゴルファーの多くは、ボールの10cm以上手前の砂にクラブヘッドが入射してしまいボールの真下の砂をボールと一緒に飛ばすことができなくなっています。その要因になるダウンスイングのエラーはキャスティングです。

キャスティングとは?

キャスティングとはバックスイングで作った手首のコックがダウンスインからすぐに解けてしまうこと。

キャスティング防止のポイント

①コックをキープしてダウンスイング

クラブヘッドの重さをクリップ部分に感じながら

コックをキープしてダウンスイングすることが大切です。

②低重心でダインスイング

このように重心が高くダウンスイングするとアジャストするために手首をリリースし手元を浮かしてインパクトしがちで、キャスティングと伸び上がりはセットのエラーになっていることがほとんどです。

エクスプロージョンショットでもトップ〜ダウンスイングに入る瞬間=切り返しでは、手元の動きを抑えて下半身や体幹部分を砂方向へリードさせることで、低い重心のままでダウンスイング〜インパクトできるのです。

まとめ

ガードバンカーからキレイに高くボールを上げてグリーンに乗せるためには、エクスプロージョンショットをマスターしましょう。
エクスプロージョンはクラブヘッドのバウンスを使い、砂を爆発させるイメージで勇気を持って振り切ることです。
上手く砂を爆発させるためにはボールの手前3cmにバウンスを入れてボールの下の砂も一緒に削りとる。「コックをキープする「低重心で体幹から動かす」のがダウンスイングのポイントです。

素振りが出来ないバンカーショットでは打つ前に頭の中で良いイメージをつくってからストロークすると良いですよ。
ぜひ、お試しください!

バンカーショットが得意になるともっともっとゴルフが楽しくなるかもしれませんね。

お読みいただき、ありがとうございましたp(^-^)q

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です