スウェイ防止で飛距離とミート率を手に入れる!

こんにちは〜、雪Pです(^-^

「一生懸命に振っているのになかなか飛距離が伸びない。。」方や「クラブヘッドの芯に当たらなくてボールが真っ直ぐに飛ばない。。」とお悩みのプレイヤーも多いのではないでしょうか。

いくつかの原因が考えられますが、スウェイが一因になっている場合があります。

今回はスウェイ防止で飛距離とミート率をアップさせる簡単な練習方法をお伝えしますね。

スウェイとは?

テークバックで下半身が横に動きすぎることをスウェイと言います。

右へ動く

右膝がターゲットと反対方向へ流れる状態です。右へスウェイするとトップオブスイングで右足外側荷重になり、インパクトで体重が右足に残りやすくパワーロスしてしまいます。
さらにアウトサイドインのカット軌道になりやすくスライスしやすいのです。これでは飛距離も望めませんんね( ;  ; )

 

左へ動く

右腰が後ろへ回り過ぎて左へ移動する状態です。左へスウェイすると上半身と下半身の捻転差が少なくなり、こちらもヘッドスピードがなかなか上がりません。さらにトップオブスイングで左足荷重になり過ぎるとダウンスイングでは右足荷重になりそのままインパクト。いわゆる「ギッコンバッタン」や「明治の大砲」と呼ばれるスイングになりダフることも増えてしまいます。このような動きはゴルフ専門用語で「リバースピボット」と言います。

スウェイを防ぐためのポイントは?

ズバリ!右股関節!!ここです!

アドレス〜テークバック〜トップオブスイングまでは右股関節を支点にして上半身を右へ回転させましょう

修正方法とドリルをご紹介します

ドリル①
右足付け根にクラブのシャフトを置きます

このシャフトを股関節で挟むようにして

右手はクラブを左手は胸に掌を当てて上半身を右へ回転させてみてください。

右骨盤の上でお腹やお尻を回す感覚が良いでしょう

ドリル②

右股関節を支点に上半身を回転させる動きが体感できたら、次はクラブを持ち素振りして、ボールも打ってみましょう!

いつものようにアドレスします

右足つま先を少し閉じます

そのままバックスイング〜トップオブスイングへ

ダウンスイング〜インパクト〜フィニッシュです。

カンタンですね!最初は素振りから始めて、徐々にボールも打ってみてください。このドリルはストレッチ効果もあり、股関節の内旋が柔軟になると右へ左へ下半身が流れてしまうこともなくなりスウェイも防止できますよ。

飛距離アップやミート率アップを目指す方は試してみてくださいね!
お読みいただきありがとうございました(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。