キレイなポスチャーでナイスショット!!

みなさんこんにちは、Yukipです😊

今回はナイスショットに導くために重要なポスチャーについてお話しますね。

ゴルフスイングにとってアドレスとは水や空気のようなもの。無くてはならないナイスショットするためには必要不可欠なものです。

当たり前だと思われがちで疎かになってしまうプレーヤーも多いようですが、ゴルフを始めたばかりの初心者から、調子を崩している方、上手くミートできない方は今一度見直してみると良いでしょう。

そしてアドレスで最も大切なものはポスチャーです。

ポスチャーとは?

ポスチャーとは「姿勢」のことです。

ゴルフスイングでの姿勢は普段の生活の中にはなかなかない特殊なものですから、これを身につけることがスイングを安定させる第一歩になります。

ポスチャーのエラー

背中が丸く前傾し過ぎていますね。

キレイなポスチャー

耳ー肩ー骨盤のラインが揃っている上半身の形が良い姿勢です。下半身は重心位置が土踏まずから母指球あたりにくるように構えると良いですね。

ナイスポスチャー1

正面からみた時には背骨の傾きに注目しましょう。背骨は少し右に傾くのが基本のポスチャー。これをチルトと呼んでいます。

ナイスポスチャー2

キレイなポスチャーを作る手順

まず体を起こし胸を張りスタンス(足の位置)を肩幅くらいに広げます。クラブを握りグリップ位置はへその前あたりにセット。クラブヘッドは地面から30~40センチくらい上です。

ポスチャー手順2

へそとグリップエンドの間は拳1個~1個半位です。

ポスチャー手順2

ポスチャーて手順1

この位置から下半身をそのまま上半身を地面方向に倒していきます。背骨を真っ直ぐにしたままおじぎをする感覚ですね。

つま先に重心をかけながらクラブヘッドが地面から10センチくらい上にくるまで、

ポスチャー3

そこから膝を10センチくらい落とすとクラブも芝に着地。

キレイなポスチャーの完成です!

ポスチャー手順3

いかがでしたか。

ポスチャーはなかなかズレていることに気づかないことが多いようですから、大きな鏡や写真に自分の姿を写してチェックするといいでしょう。

さらに安定したポスチャーを身につけるには、ゴルフレンジやゴルフコースにいない時にも繰り返しこの姿勢をとってみるといいですね。目を閉じてこのポスチャーを作ってみることもオススメです。この形が身体にインプットされているとプレッシャーのかかるコースでもキレイなポスチャーが自然につくれるでしょう。

キレイなポスチャーをつくりナイスショットを量産したいですね。

お読みいただきありがとうございました😊

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です